i-smile(アイスマイル)のメリットとデメリット

i-smile(アイスマイル)のメリットとデメリット

英会話のスキルが確実にレベルアップすると言われているi-smile(アイスマイル)。理にかなったメソッドで多くの人が上達したという口コミを寄せています。

しかしレビューを見ていると必ずしも万能な英語教材とは限らず、メリットとデメリットがあることもわかりました。ここでそれぞれご紹介しますので、i-smile(アイスマイル)を始める前に確認しておいてください。

i-smile(アイスマイル)のメリット

i-smile(アイスマイル)のメリットの画像

まずはi-smile(アイスマイル)のメリットです。「短期間でレベルアップできる」「英会話の雰囲気を味わえる」など、大まかに分けて5つあります。

短期間でレベルアップできる

i-smile(アイスマイル)はドラマで英会話を学習するプログラムで、スマート字幕と呼ばれるマサチューセッツ工科大学が提唱する字幕を見ながら視聴します。スマート字幕はテキスト学習の2倍の勉強効果をもたらすと言われていて、効率よくドラマの英会話内容をインプットできるのが特徴です。

英会話の雰囲気を味わえる

i-smile(アイスマイル)のドラマでは、出演している役者が英語でやり取りするシーンを見ることができます。単語やワンフレーズの暗記と違って、英会話特有のスピード感や流れを掴めるのが特徴。このタイミングで自分の意見を言うんだな、相槌はこんなふうに打つんだなというのが自ずとわかるようになるのです。

直接聞き取ることで理解が深まる

i-smile(アイスマイル)で英語のスキルが上達すると、日本語と同じように英語を聞けるようになっていきます。一度日本語に訳してしまうことが悪いわけではありませんが、一手挟まれば程度の差はあれど相手の本当に伝えたいこととは変わってしまうもの。i-smile(アイスマイル)でスキルアップすれば相手の発言内容に対する理解を深め、より親密なコミュニケーションを取れるようになります

毎日続ける癖が身につく

i-smile(アイスマイル)を使うと、自然と何かを毎日続ける癖が身につくのもメリットです。i-smile(アイスマイル)で上達しているということは、1回15分という短いドラマを日々見続けてきたということ。忙しい日やモチベーションが上がらない日でも取り組める継続の力が身についている証です。実際、i-smile(アイスマイル)をやってきたことでほかのことも続けられるようになり、特技や趣味が増えた人もいます。

やれば上達するという実感が覚えられる

i-smile(アイスマイル)では、レッスン中に発音練習する機会があるのが特徴のひとつ。比較的単純な英語が使われているのでそれほど難しいものではなく、繰り返せば着実にレベルアップするようになっています。このとき自分の英語が耳に入ってくるので、はっきりスキルアップしている実感が掴めるのがi-smile(アイスマイル)のメリット。勉強へのモチベーションアップと、やればできるんだという自信を身につけさせてくれます。

i-smile(アイスマイル)のデメリット

i-smile(アイスマイル)のデメリットの画像

次にi-smile(アイスマイル)のデメリットをご紹介します。口コミを見ていると教材そのものが悪いというわけではなく、場合によってはデメリットになるというものがほとんどでした。以下に3つご紹介します。

評価基準が自分

i-smile(アイスマイル)で勉強すると上達している実感が覚えられるのは確かですが、あくまで自分の感覚です。本当に正しいか誰かがテストしてくれるわけではないので、実際にネイティブと会話するまでに完璧な発音を身につけたい、と考えている人にはデメリットでしょう。とはいえ語学力というのは実際に話してからも修正したりレベルアップしたりするものなので、そこまで気にしなくてもいいかもしれません。

ネイティブと直接話せない

i-smile(アイスマイル)では収録されたドラマを使うため基本的に学習はひとり。レッスンでネイティブとリアルに会話できるわけではないのもi-smile(アイスマイル)のデメリットです。ただ教室で先生の顔色を伺って英語を口から出すことをためらい、伸び悩んでしまう人も少なくないので、いいか悪いかは人によると言えます。

テストの点数は思ったほど稼げない

i-smile(アイスマイル)の目標は英会話ができるようになること。単語やフレーズを覚えることはできますが、あくまで日常で使えるものに特化しているので、学校のテストやTOEICなどにはあまり向いていません

まとめ

まとめの画像

i-smile(アイスマイル)のメリットを見ると、この英語教材が英会話の上達だけでなくライフスタイルにもいい影響をもたらしてくれていることがわかりました。生活にメリハリをつけたい人や、自分でも続けられる自信を持ちたい人にもおすすめと言えます。

一方で、一部の人にはデメリットとなる面があることも事実です。「期待していたものと違った」とならないように、自分の勉強スタイルや合っているか確かめてからi-smile(アイスマイル)を始めるようにするといいでしょう。

トップページを見る