i-smile(アイスマイル)ドラマで英会話の口コミやレビューまとめ

今着々と人気を集めているi-smile(アイスマイル)という英会話教材を知っていますか?

「本格的なドラマで楽しい!」「本当に2か月で変わるんだ!」そんな驚きの声が続々と寄せられていて、これから始めようという人も増えてきています。

ですが、実際に英語が話せるようになるのか半信半疑なところもあるでしょう。「どうせこれまでと同じ。私は話せるようにならない」と考えている人もいるかもしれません。

この記事ではi-smile(アイスマイル)の特徴と口コミを紹介しながら、i-smile(アイスマイル)の魅力に迫っています。i-smile(アイスマイル)を始めるきっかけにしてもらえたら幸いです。

i-smile(アイスマイル)のイメージ画像
i-smile(アイスマイル)のHPへ

i-smile(アイスマイル)とは?

i-smile(アイスマイル)とは?の画像

i-smile(アイスマイル)は日本人の英会話スキルを確実にアップさせるために、株式会社Creajoyが開発したオンライン英会話スクールです。日常英会話が繰り広げられるドラマを見るだけと方法も簡単で、これまでとまったく異なる英会話教材となっています。

「本当にそれで身につくの?」と不安になる人もいると思うので、まずはi-smile(アイスマイル)で具体的にやることと特徴について詳しく紹介していきましょう。

i-smile(アイスマイル)でやること

i-smile(アイスマイル)でやることの画像

i-smile(アイスマイル)でやることは、本プログラム専用に作られた1回15分のドラマを毎日視聴するのがメイン。加えて簡単なエクササイズやゲーム、ネイティブとのオンライン英会話が用意されています。それによって2か月後にはネイティブ並の英会話力を身につけることが可能となっている英会話教材です。

i-smile(アイスマイル)の特徴

i-smile(アイスマイル)の特徴の画像

ここまで単純な仕組みながら英会話スキルを磨くことができるのは、i-smile(アイスマイル)にさまざまなメソッドが詰まっているからです。そのメソッドをひとつひとつ分けて紹介していきましょう。

スマート字幕

i-smile(アイスマイル)のドラマには、「スマート字幕」と呼ばれる字幕が採用されています。これはアメリカのマサチューセッツ州ケンブリッジに本部を置く理系最難関大学「マサチューセッツ工科大学」で提唱されているもの。この字幕を活かして語学学習を行うと、教科書や参考書などのテキストを使った語学学習よりも2倍以上の学習効果が得られるとされています。ちなみにこの理論は日本が誇る東京大学や、アメリカのスタンフォード大学でも効果が立証されているものと言われています。

・マサチューセッツ工科大学(Massachusetts Institute of Technology)

通称MIT(エム・アイ・ティー)。自然哲学者ウィリアム・バートン・ロジャースによって設立されたボストン技術学校を前身とする1865年開学の私立工科大学。ノーベル賞受賞者を80名輩出した名門校で、世界大学ランキングでは7年連続1位を獲得している。

・東京大学

1877年に設置。学士の学位を授与する機関として長い歴史を持ち、その古さは札幌農学校(現・北海道大学)に次ぐ2番目。本部は東京都文京区本郷7-3-1。実践的な知識や学問の基本を教えるリベラルアーツ教育を重視しているのが特徴。駒場キャンパスでは教養課程を、本郷キャンパスでは専門教育を、柏キャンパスでは大学院課程の教育を実施するなど、教育内容や研究内容ごとにキャンパスを分けている。

・スタンフォード大学(Stanford University)

1891年設立。当時カリフォルニア州の知事だったリーランド・スタンフォードが、子息のリーランド・スタンフォード・ジュニアの名前を残すために構想したのが始まりとされる。合格率4.7%と全米の最難関校で、2018年の世界大学ランキングでは3位を獲得。数多の政治家や裁判官、教授、企業創始者が卒業生として名を連ねている。

語学学習用に作られた内容

i-smile(アイスマイル)はドラマを見て英会話学習をしていきますが、英会話に最適なシチュエーションがふんだんに盛り込まれているなど語学学習用に作られているのが特徴です。

日常でよく見るような海外ドラマにありがちなスラング(俗語)や英語の歌詞によくある文法を無視した表現などが一切ないため、効率よくスキルアップできるのが特徴。プライベートからビジネスシーンまで、さまざまなシチュエーションに対応した汎用性のある英語を身につけることができます。

プロ会社によるドラマ制作

語学学習に特化したドラマだと、不自然な会話のやり取りを想像して「楽しめなさそう…」と思う人もいるでしょう。しかしi-smile(アイスマイル)のドラマはプロの制作会社と共同して作成されています。

ドラマ教材の構成、脚本、撮影、編集などすべて実際に民放のテレビ番組を制作している会社が手がけていて、さらにプロの役者が出演をしているため、普通のドラマを見るのと変わらない感覚で語学学習をすることが可能です。

いくらドラマを見るだけで学習できると言っても、そのドラマ自体が面白くなければ学習も続かないもの。やはり不思議な会話のやり取りや目に余る演技であれば、辟易してしまい意欲は削がれていく一方です。i-smile(アイスマイル)はそうした利用者のニーズをしっかりと汲み取って制作されています。

アウトプットエクササイズ

i-smile(アイスマイル)では、ドラマを視聴したあとに数分の小休憩を挟んで簡単なアウトプットのエクササイズがあります。ドラマで学んだフレーズを、実際に使えるようにするためのメソッドと言えるものです。

時間はドラマと同じく約15分ほど。実はこのドラマ15分からの15分エクササイズという流れは、人の集中力に最適な時間割となっているのです。

またこのエクササイズでは、オーバーラッピングというトレーニング方法が採用されているのも特徴。この方法では、まずドラマで学んだフレーズの音声を耳で聞き、慣れていきます。その上で、スクリプト(台本)を見つつ、フレーズに合わせて発音。最後に繰り返しのトレーニングの中でリスニングや発音が難しい単語を集中的に行う流れとなっています。

目・耳によるインプットから口を動かしてアウトプットすることで、頭だけで理解するのではなく、身体が覚えてくれるのもこのメソッドにあるメリット。トレーニング効果を損なわずに、着実に学んだことが定着するように計算されているのが、i-smile(アイスマイル)がほかの英会話教材と違うと言われる理由のひとつです。

スマホアプリLINEでチェック

ドラマで習ったフレーズをアウトプットするときに、スマホアプリLINEの録音機能を使って自分の音声を入力し、それをi-smile(アイスマイル)に送れば講師がチェックしてくれます。生徒ひとりひとりに合った個別のアドバイスで、自分の苦手なポイントがわかるようになっているのです。

ひとりでレッスンをしていると正しく発音ができているのか不安になりますが、i-smile(アイスマイル)であれば講師が逐一サポートしてくれるので、常に自信を持ってレッスンにチャレンジすることができます。

忘れないためのスマホゲーム

さらにi-smile(アイスマイル)には、復習用のメソッドとしてスマホゲームがあります。一般的に復習というと、同じことを繰り返すだけで嫌になったり苦痛になったりするものです。それをi-smile(アイスマイル)では、ゲームという形にすることで、遊びながらできるようになっています。

ゲームの種類はトランプゲームの神経衰弱のようなもの、英語の発音と日本語訳をあわせていくもの、例文に当てはまる単語を選ぶ穴埋め式クイズに似たものなどさまざままです。またこのゲームでは、モチベーションアップのためにスコアを競うランキングも導入。i-smile(アイスマイル)でレッスンをしているほかの人たちと、擬似的ではありますが一緒に練習している感覚を得ることも可能となっているのです。

ネイティブ講師による本格オンラインレッスン

ドラマやエクササイズ、スマホゲームと画期的なメソッドを採用しているi-smile(アイスマイル)ですが、オーソドックスに日本人英語講師やネイティブ講師によるオンラインレッスンも週2回開催されています。

ここでは厳しい基準をクリアした合計80名の講師陣が丁寧にレクチャー。ドラマやゲームで身につけた英会話フレーズをスムーズに使いこなせるようになるだけでなく、意外と難易度の高い英語で雑談ができるスキルも身につけることができ、リアルな英会話に向けて本格的にトレーニングすることが可能となっています。

またこのオンラインレッスンのいいところは、まずは日本人講師のレクチャーを受けて基礎を磨き、ある程度のところでネイティブ英会話講師とレッスンができる、というステップ・バイ・ステップとなっているところです。いきなりネイティブ英会話講師と話すのはハードルが高いもの。しかし日本人講師であれば、少しでも疑問に思ったところもすぐに聞けるので安心して受けられます。

i-smile(アイスマイル)の講師はデイビッド・セイン

i-smile(アイスマイル)が優れた英語教材である理由は、スマート字幕とプロによって制作されたドラマだけではありません。監修した英語教師デイビッド・セインが、10年以上にわたって培ってきたノウハウが詰まっているのも見逃してはいけないポイントです。

デイビッド・セインはあまりに有名な講師なので知っている人も多いと思いますが、数々の英会話書籍などを出版している実力派講師。20数年前に来日してから、これまでに数多くの日本人に英語を伝授してきました。

そんな彼のノウハウがぎゅっと詰まっているのがこのi-smile(アイスマイル)という英語教材です。まさに英会話スキルが伸び悩んでいる日本人にぴったりな教材だと言えるでしょう。

充実した24時間体制のサポート

またi-smile(アイスマイル)では、ホストファミリーと呼ばれる独自のサポートを用意しています。これを利用すれば、レッスンしているときに困ったことや気になることを問い合わせ、解決することが可能です。

ホストファミリーの特徴は、自分の好きなタイミングで聞けるところ。というのも、i-smile(アイスマイル)の講師が日本だけでなく海外にもいるのです。それによって何が起きるのかというと、例えば日本で夜中の時間だったとしても講師がいる場所は昼間ということがあります。つまり仕事が長引いて終電近くに帰宅した人でも、もともと夜型の人でも自分の好きなタイミングで質問できるようになっているのです。

こうした英会話教材ではひとりで悩んでしまい、それによって挫折してしまう人が多くいます。i-smile(アイスマイル)ではそのデメリットを解消するために、時差を利用してさまざまなニーズに応えられるようにしているのです。

i-smile(アイスマイル)の講師デイビッド・セインについて i-smile(アイスマイル)のHPへ

i-smile(アイスマイル)がもたらす効果

i-smile(アイスマイル)がもたらす効果の画像

ここまででi-smile(アイスマイル)がいかに優れた英会話教材であるかはわかってもらえたことでしょう。では、i-smile(アイスマイル)を実際に使うと具体的にどのような効果を得ることができるのでしょうか。ここで3つにまとめてみましたのでぜひ参考にしてください。

ネイティブの言っていることが聞き取れる

ネイティブの言っていることが聞き取れるの画像

i-smile(アイスマイル)のレッスンを受ければ、ネイティブが日常で使うフレーズの発音を聞くことができます

今は英語が使われる場面が増えていますが、それでもまじまじとネイティブ同士の英会話を聞く機会というのは少ないもの。i-smile(アイスマイル)のレッスンを受けて本物の英語に定期的に触れることで、自然と英会話が聞き取れるようになるのがこのプログラムの魅力です。

ネイティブに伝わる発音ができる

ネイティブに伝わる発音ができるの画像

ネイティブの発音に耳が慣れれば、自然とその発音の仕方も身体に定着していきます。赤ちゃんが日本語を話せるようになるのも、親の言葉や会話を日常的に聞いているからこそ。i-smile(アイスマイル)のドラマで本物の英語に触れることで、着実に発音のレベルもアップしていきます。

スムーズなコミュニケーションが可能に

スムーズなコミュニケーションが可能にの画像

ネイティブの英語が聞き取れる、ネイティブに伝わる発音ができるようになることで、スムーズなコミュニケーションも可能になります。駅前で突然道案内を求められても戸惑うことなく対応できたり、アメリカに行ったときに通訳なしでやり取りできるようにもなるでしょう。

ネイティブが心を開く会話ができる

英会話はネイティブと難なくコミュニケーションを取るためのものです。しかしただ覚えたことだけをそのまま実際の会話で使っては、ネイティブも機械的に感じてしまって心を開いてくれない可能性もあります。その点i-smile(アイスマイル)であれば、会話の流れから発音ができるというステップなので、生きた英語で会話をすることが可能です。それはネイティブの心を開き、より親密なコミュニケーションに間違いなく繋がります。

i-smile(アイスマイル)に高い評価が集まる理由 i-smile(アイスマイル)のHPへ

i-smile(アイスマイル)に向いている人向いていない人

i-smile(アイスマイル)に向いている人向いていない人の画像

i-smile(アイスマイル)は英語のスキルを確実に磨ける教材として作られていますが、それでも特に向いている人あまり向いていない人がいます。自分がどちらに当てはまるのか確認して、取り組むかどうか判断してみてください。

i-smile(アイスマイル)に特に向いている人

i-smile(アイスマイル)に特に向いている人の画像

では、まずは特に向いている人をご紹介していきましょう。

コツコツ続けられる人

i-smile(アイスマイル)は英会話のドラマを見てスキルアップしていくものです。明日から急に話せるものではなく、コツコツと継続していくことで初めて自然に話せるようなレベルになっていきます。

しかしこれは言語を身につけていく上でごく当たり前のこと。新しい日本語でも何度も聞き何度も聞いて話すことで使いこなすことができるように、英会話も日常的にリスニングして発音することで身についていきます。英会話を話したいのであれば、1日わずかな時間でもいいので英語に触れることがとても大事です。

他の英語教材で挫折した人

これまでの英会話教材は退屈で続かないものばかり。スキルアップが実感できず、途中で挫折してしまいやすいものでした。

i-smile(アイスマイル)は短いドラマを見て楽しく学べるので、これまで続かなかった人でも続けることができたという口コミが多数寄せられています。やりかけの英語教材が家にたくさんある人ほどi-smile(アイスマイル)はおすすめな教材です。

中学生レベルの英語がやっとな人

i-smile(アイスマイル)では、これまで英語教材を敬遠してきた人や他の英語教材で断念した人でも取り組みやすいよう、簡単なフレーズが多く使われています。

どこかで聞いたことがある文章や言い回しがあると、それだけでモチベーションが上がるもの。i-smile(アイスマイル)は学校で英語が苦手だった人にこそ向いていると言えます。もちろん英語の成績はよかったけど、一から正しく英会話スキルを身につけたい人にも最適です。

この教材で英語が話せるようになれると思える人

どんな優れた教材だったとしても、不信感を持って取り組んでしまうと効果はそれほど期待できません。後述のレビューでもわかるように、i-smile(アイスマイル)を使って英語を磨きたいと強く思っている人のほうが早く効果を実感しています。単純ですがとても大事なことなので、ぜひi-smile(アイスマイル)を始めようと思っている人は忘れないようにしてください。

目標を明確に持っている人

英会話ができるようになりたい人は、英会話ができることが目標ではないはずです。ネイティブの友だちを作りたい、仕事に活かしたい、海外旅行をひとりで楽しめるようになりたい、などのその先の目標があるでしょう。

もし目標が明確でないままに英会話のレッスンをしていれば、ちょっとつまづいてしまったときにモチベーションが突然ダウンしてしまいます。英会話の勉強をする前に、英会話ができたときの自分をちゃんと想像できる人にi-smile(アイスマイル)は向いています。

i-smile(アイスマイル)にあまり向いていない人

i-smile(アイスマイル)にあまり向いていない人の画像

次に向いていない人についてご紹介します。

何をやっても自分は続かないと思っている人

「どうせ三日坊主だ」「いろんなことやったけど本当に続かない」と思っている人は、i-smile(アイスマイル)でのスキルアップは難しいかもしれません。しかしこれは先程も伝えたように他の英語教材に当てはまることで、一概にi-smile(アイスマイル)だけが向いていないとは言い難いでしょう。

すぐに話せるようになりたい人

明日明後日でペラペラになりたい人に、残念ながらi-smile(アイスマイル)は応えることができません。繰り返しレッスンして、実践レベルの英会話スキルを確実に身につけるのがi-smile(アイスマイル)の特徴だからです。それでも15分のドラマを2か月見てネイティブに伝わる英語が話せるようになるので、効率のいい教材であることは間違いないと言えます。

英会話教師から直接学んだほうがいいと考えている人

i-smile(アイスマイル)はオンライン英会話スクールなので、ドラマにしろネイティブ講師による指導にしろ主にスマホを通して英会話を学びます。それが苦手な人や、生の英語こそスキルを身につける上で重要だと考えている人には向いていないでしょう。

もし向いていない人でなかったとしても

ここでご紹介した向いている、向いていないはあくまでひとつの指標です。ここで向いている人に当てはまらなかった、向いていない人だったとしても始めるのを諦める必要はありません。

ちょっとした心の持ちようなどで変えられるものもあるので、むしろi-smile(アイスマイル)を始めるのをきっかけに変えていくのもいいでしょう。それだけすぐに諦めてしまうに惜しいノウハウが詰まっているのがi-smile(アイスマイル)なのです。

i-smile(アイスマイル)の実体験レポート i-smile(アイスマイル)のHPへ

i-smile(アイスマイル)の口コミやレビューを一挙ご紹介!

i-smile(アイスマイル)の口コミやレビューを一挙ご紹介!の画像

i-smile(アイスマイル)ではさまざまな口コミやレビューが寄せられていて、すでに多くの人から注目を集めていることがわかります。ここではi-smile(アイスマイル)をしっかり評価しているレビューをピックアップしたので、どんな教材なのかイメージを掴んでみてください。

口コミ①「英会話の楽しさを教えてくれました!」

私は接客業をしているのですが、最近外国人のお客さんが増えてきたこともあり、そろそろ本格的に英語を勉強しないとなと思っていました。いつでも英語ができる人には頼れるわけではないので。

本格的にというのは、実はこれまでも何度か英語教材を買ってやってはいたんですね。ただ正直言ってどれも退屈でつまらなかった。

それでダメ元でi-smile(アイスマイル)を選んだらこれが大正解!ドラマ仕立てのレッスン動画は見ているだけで本当に楽しくて、でも楽しいだけではなくて、気づいたら自然と相手が何を言っているのかわかるようになったんですよ。i-smile(アイスマイル)を買う前に聞いていた効果は本当なんだなあと思いましたね。

今では自分から積極的に海外のお客様と対応するようになっています。英会話の楽しさをi-smile(アイスマイル)は教えてくれたんです。

口コミ②「どうせ続かないと思わないで」

友人とよく海外旅行に行くのですが、いつも通訳はその友だちに任せてばかり。やっぱりちょっと申し訳ないなあと感じてはいたんですが英会話教室に行っても続かず。最寄り駅の近くの教室を選んだんですが、気がつけばいかなくなってしまっていました。あと全然話せない自分からすると英会話教室はハードルが高いんですよね。授業料も結構かかりますし。

そんな悩みを友人に話したら「i-smile(アイスマイル)やってみたら?」と言われて。これも続くのかなあと思いましたが、英語が堪能な友人が勧めるので始めてみました。

そしたら思いの外面白くて、やり始めてすぐに「私が求めていたのはこれだ!」と思ったんですね。ドラマも面白いので毎日見ていていても苦ではありません。むしろちょっとした楽しみになっていて、見ない日はないですね。もし見るなと言われても、落ち着かなくてきっと見てしまうと思います。何をやっても続かなかった私だったので本当に不思議です。もちろんちゃんとスキルも上がって、今は友人に通訳をお願いしなくてもネイティブとコミュニケーションが取れるようになっています。

口コミ③「英語への苦手意識がなくなりました」

まだ始めて2週間くらいですが、英会話の実力が上がった実感をしています。今まで街の中で、例えば外国人の観光客同士がしている会話が聞こえても、英語話しているなあくらいのレベルだったんですが…i-smile(アイスマイル)を始めて2週間経ったら、その内容が少しずつわかるようになってきたんですね(盗み聞きをしていたわけではありませんよ)。

やっぱり成果がちゃんとわかるのが、勉強している中で一番嬉しいですよね。i-smile(アイスマイル)の教えてくれることは間違っていなかったんだなあと安心もしました。これからもどんどんドラマを見て、たくさんのフレーズを覚えて英会話の実力を上げていきたいと思います!

i-smile(アイスマイル)の会社「株式会社Creajoy」って? i-smile(アイスマイル)のHPへ

i-smile(アイスマイル)の無料プレゼント

i-smile(アイスマイル)の無料プレゼントの画像

i-smile(アイスマイル)では、始める前に体験レッスンができるプレゼントを配信しているのも魅力です。実際に料金を支払う前に効果を確かめられるとして、こちらも人気となっています。どのようなプレゼントがあるのか、ここで詳しくご紹介します。

オリジナルの自己紹介文作成

ひとつ目のプレゼントは、オリジナルの自己紹介文作成です。自分の名前や仕事、趣味などの紹介の仕方を英文にしたものを提供してくれます。これをマスターすれば、初めて会うネイティブと何を言っていいのかわからない、ということがなくなるのがうれしいポイント。相手に好印象を持ってもらい、ネイティブとの距離感をぐっと縮めることが可能です。

海外旅行対策レッスン

ふたつ目のプレゼントは、海外旅行の対策ができるレッスンです。具体的には、海外旅行でよく出会うシチュエーションに対してピンポイントに対応できる会話例文と、その解説用のレッスンビデオをもらうことができます。その種類は「入国審査での英会話」「レストランでの英会話」「ショッピングでの英会話」とどれも役立つものばかり。さらに実践した内容の音声を送れば、発音についてフィードバックしてくれるのも魅力。海外旅行を楽しみたい人にとっては垂涎の特典です。

復習用のゲーム

先ほど紹介した復習用のメソッドであるゲームですが、実はこのプレゼントのひとつとなっています。デイビッド・セインが10年の歳月をかけて研究、実践、修正を繰り返して作成したゲームなので、受け取らない理由はないでしょう。

アウトプットマニュアル

アウトプットマニュアルとは、アメリカのカスタマーサポートに問い合わせるために必要な細かい手順を記したものです。英会話を勉強しているのはいいものの、なかなか英語を話す環境がなければ実践レベルにはなりにくいもの。このマニュアルを使ってカスタマーサポートの相手と話すことを繰り返していけば、ネイティブに突然話しかけられたときでも応えられるようなスキルが身につきます。もちろんi-smile(アイスマイル)でも言っているように、無闇矢鱈に電話することだけはやめておきましょう。

プレゼントの受け取り方

以上のような豪華なプレゼントを受け取る方法は簡単で、スマホアプリのLINEの友だち追加をするだけです。公式サイトに用意されているQRコードを読み取るか、ID検索欄に「@qff7546x」と打ち込めば完了となります。

i-smile(アイスマイル)のHPへ

まとめ

まとめの画像

i-smile(アイスマイル)の口コミを見ていると、「自分でも続けられた!」という内容のものが多く見られました。やはりドラマを見るだけ、という手軽な方法で続けることができたからスキルアップにつながったということがわかります

どんなに英会話スキルが上がるメソッドが盛り込まれていても、実際にやる人が続けられなければ教材としてはあまり意味がありません。勉強する人のことを一番に考えて作られているのが、i-smile(アイスマイル)の一番の魅力ではないでしょうか。今まで多くの挫折をしてきた人は、ぜひi-smile(アイスマイル)での勉強を検討してみてください。

i-smile(アイスマイル)のメリットとデメリット
i-smile(アイスマイル)のイメージ画像
i-smile(アイスマイル)のHPへ